オリゴ糖&ハチミツ&メープルシロップの違いを徹底分析!

 

オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも「甘味料」として販売されています。
そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。

 

実は、栄養学的には「オリゴ糖」と「ハチミツ」「メープルシロップ」を比較してしまうのは、ちょっとヘンなのです。それはどうしてでしょうか。

 

オリゴ糖ってどんなもの?

オリゴ糖とは

 

まず、オリゴ糖について説明します。
昨今では「オリゴ糖」は商品名のように使われていますが、実際には「ブドウ糖」や「果糖」といった糖類の種類です。
平たく言うならば「成分名をそのまま商品名にしてしまった」と思っていただければけっこうです。

 

そのため、食品からオリゴ糖を成分抽出したり、食品を酵素で分解してオリゴ糖を人工的に作って製品化するので、残念ながら「天然食材そのもの」ではありません。

 

オリゴ糖は糖類の種類と書きましたが、ブドウ糖や果糖のように簡単に消化吸収できません。
そのため「水溶性食物繊維」の仲間として分類され、こちらほうが栄養学的な価値は高いと言われています。

 

水溶性食物繊維は便秘解消効果あり

ご承知の方も多いと思いますが、水溶性食物繊維は便秘解消に効果があると言われています。
これは水溶性の食物繊維を食べた場合、腸内で消化吸収されずに便として排泄されるため、便のかさましになります。
これに加えて水溶性の食物繊維は腸内の水分を吸って膨張するため、さらにかさましになるのです。

 

さらに、食物繊維は(毛糸玉をイメージするとわかりやすいと思いますが)、腸内の余分な糖分やコレステロールなどを絡めとって排泄します。
この作用によって余分なものの吸収が抑えられるため、血糖値やコレステロール、血圧などの低下作用が見られるとの報告もあります。

善玉菌のエサになる

さらにオリゴ糖は水溶性食物繊維としての仕事だけでなく、腸内の善玉菌のエサにもなります。
善玉菌が活発になることによって腸内環境が整うと、さらに便秘の改善が見込めます。

 

ここまでの説明で気づかれた方も多いと思いますが、オリゴ糖は天然の食材ではないので成分濃度が一定ではありません。
そのため、2015年の暮れに改定された「日本食品標準成分表(2015年版 第7訂)(文部科学省)」に公表値はありません。
ただし、オリゴ糖自体が容易に消化できる成分ではないので、後述する「ハチミツ」や「メープルシロップ」よりも低カロリーだと考えてよいでしょう。

 

オリゴ糖についてもっと詳しく知りたい方はこちら

 

ハチミツってどんなもの?

ハチミツとは

 

次に、ハチミツについてみてみましょう。
ハチミツはミツバチが集めた花の蜜からゴミ等を取り除いて殺菌したものです。
近年では安価なものには人工的に合成したハチミツもあるようですが、基本的には自然食品です。

 

花の種類やミツバチの種類によって成分は異なりますが、「日本標準食品成分表(2015年版 第7訂)」では100gあたり294kcal、炭水化物(糖分)が主成分で100g中79.7gを占めています。

 

炭水化物(糖分)の主成分はブドウ糖と果糖です。
天然由来の成分ですので、花粉などが混入したり、ミツバチが花から密を集める際に酵素と混合してから巣へ運んだりするので、炭水化物(糖分)が主体とは言うものの、さまざまな栄養素等が含まれています。
このさまざまな栄養素等がハチミツの「品質」を決めています。

 

殺菌・疲労回復

ハチミツの健康効果として有名なものは「殺菌効果」です。
日本ではショウガと合わせて「ハチミツショウガ」としてのどの薬として使うことも多いですね。

 

ハチミツはブドウ糖を含んでいますので、「疲労回復」の効果も期待できます。


美容効果

食べるだけでなく、ハチミツは塗っても健康効果があります。世界を見渡してみると、ハチミツを傷口に塗布して塗り薬として使うところもあります。

 

傷が治るということは肌を健康に保つ効果があるという意味でもあります。
実際に、日本でもハチミツの美容効果を期待した化粧品も多く販売されていますね。
さらにハチミツには、料理を美味しくする効果として、肉をやわらかくしたりする効果もあります。


メープルシロップってどんなもの?

メープルシロップとは

 

メープルシロップは文字通り「メープル」の「シロップ」。
メープルは「かえで」ですので、かえでの木から採れるシロップです。

 

かえでの木は冬の寒さを乗り越えた雪解けの時期に、樹液を出します。
この樹液を集めて煮詰めたものがメープルシロップです。

 

原産はアメリカだと言われています。
古代インディアンの「糖分」として珍重されました。
カナダに移住したフランス人がその採取方法を教わって広めたため、カナダ産が有名になったと言われています。
とくに、カナダのケベック州がかえでの樹木の栽培に適した気候だったことから、ケベック州で世界の80%を供給しています。

 

かえでの樹木の栽培に適した地域は世界中を見ても広くはありません。
さらに、樹液を採取できる期間が2週間程度と短い上に、1本の樹木から採取できる樹液には限りがあります。
また、樹液そのものは甘味が薄く、40リットルの樹液を1リットルに煮詰めて製品とします。
これらの理由から非常に貴重な食材であるといえます。

 

メープルシロップは100gあたり257kcal。ハチミツよりも若干、低いです。
ただし、含まれている糖は「ショ糖」。すなわち「砂糖」と同じです。

 

精製していない

メープルシロップの特徴は、樹液を煮詰めただけで精製していません。
そのため、雑味と言ってもよいのかもしれませんが、風味が残っています。

 

風味の特徴として、亜鉛とマンガンが多いといわれていますが、使用量が少ないので「メープルシロップを食べれば亜鉛やマンガンが摂れる」などと過度な期待はしないほうが無難です。

 

健康効果を得るには摂取量の調節が必要

ホットケーキにかける場合の1回の使用量はハチミツもメープルシロップも約20gです。

 

メープルシロップは、GI値が低いため糖尿病予防に効果がある、抗生物質とともに利用すると抗生物質の効果が上がるなどの健康効果があると言われていますが、摂取量が増えるとカロリーが高くなるので逆効果になる可能性も。
健康効果を得るには微妙な摂取量の調節が必要になりそうです。

 

オリゴ糖&ハチミツ&メープルシロップのカロリーを比べると・・・

オリゴ糖&ハチミツ&メープルシロップのカロリー比較

 

再述になりますが、ハチミツは100gあたり294kcal。
メープルシロップは100gあたり257kcalです。

 

オリゴ糖は商品に含まれるオリゴ糖の濃度によって異なるので、一概には言えませんがハチミツやメープルシロップに比べるとオリゴ糖のほうが体内で消化・吸収しづらい分、カロリーは低いといえます。

 

オリゴ糖&ハチミツ&メープルシロップのどれが甘いのか?

オリゴ糖&ハチミツ&メープルシロップの甘さを比較

 

最も甘さを感じる糖類は「ショ糖」ですので、ダイレクトにショ糖を含むメープルシロップやハチミツのほうが甘さは強く感じると思います。

 

ただし、日本では健康ブームの影響でしょうか。
「甘くないまんじゅう」などがウケています。

 

「この甘くない」という真意は「強い甘さではなくほんのりした甘さがよい」という意味です。諸外国を見渡してみると「ほんのりした甘さ」は日本人独特の好みのようではありますが、いずれにしても、オリゴ糖のほんのりした甘さを好む人もいるのではないかと思います。

 

ハチミツやメープルシロップはショ糖を中心としたさまざまな成分から成る食品ですので、味に深みがあります。

 

オリゴ糖は何から抽出したかにもよりますが、多少の雑味はあるとしても、食品からオリゴ糖だけを抽出したり、酵素で食品中の糖分を分解して作ることから、概ね「あっさりした甘さ」である印象があります。

 

で、結局どれを選べばいいの?

「オリゴ糖」「ハチミツ」「メープルシロップ」の特徴をそれぞれみてきました。
上述のように成り立ちや成分、甘味の特徴がそれぞれに違います。
どんな料理に使うのかなど、それぞれのシーンに最も合うものを選ぶようにして下さい。

 

 

悩み別オリゴ糖ランキングはこちら

赤ちゃんの便秘解消
妊婦の便秘解消

血糖値とオリゴ糖
ダイエットとオリゴ糖

普通の人とオリゴ糖
安全性で選ぶオリゴ糖

関連ページ

オリゴ糖とは?
オリゴ糖とは何?って思っている方は、まずは、こちらからお読み下さい。
オリゴ糖が便秘を解消する理由&赤ちゃんや妊婦におすすめなワケ
オリゴ糖が便秘解消に効果をもたらすのには理由があります。また、赤ちゃんや妊婦さんなどにもオリゴ糖はオススメできます。ただし、オリゴ糖を選ぶときにちょっとしたコツが必要です。
積極的に摂ろう!オリゴ糖を含む食品【オリゴ糖を含む食品ランキング】
便秘解消に効果的とされているオリゴ糖を多く含んでいる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。ランキングでご紹介します。
赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?オススメはどんなタイプ?
赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?またいつから与えられるのか?飲ませ方は?適量は?虫歯の心配はない?などの疑問にお答えします。
妊婦の便秘解消にオリゴ糖は危険?安全?おすすめタイプとは?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?また、妊婦におすすめのオリゴ糖はどんなタイプになるのでしょうか?
オリゴ糖のアトピーへの効果※悪化した!完治した!どっちなの?
オリゴ糖でアトピーが治った!という人とオリゴ糖でアトピーが悪化した!という人がいます。同じアトピーなのに治った人がいる一方、悪化してしまった人がいるのはなぜでしょうか?
ラフィノースオリゴ糖の効能※赤ちゃんや妊婦やアトピーにどう?
ラフィノースのオリゴ糖の効果について説明します。赤ちゃんや妊娠中に摂っても安全なのか?またアトピーへの効果はあるのか?
大豆オリゴ糖の効果〜商品、食品、レシピも合わせてご紹介!
大豆オリゴ糖の効果、安全性、原料や、大豆オリゴ糖が摂れる商品、食品について解説します。おすすめレシピも作りましたので参考にどうぞ。
オリゴ糖の種類ごとにカロリーを比較してみました!
ダイエットにも効果的と言われているオリゴ糖。そのオリゴ糖のカロリーを種類ごとに比較してみました。中には、砂糖と同じカロリーのオリゴ糖もあるので要注意ですよ。
オリゴ糖は血糖値を下げる?上げる?血糖値への影響と糖質制限
オリゴ糖は血糖値への影響があるのでしょうか?GI値はどのぐらい?またオリゴ糖で糖質制限は可能なのでしょうか?
アガロオリゴ糖の驚くべき効果!自宅で簡単作り方マニュアル
アガロオリゴ糖のガン抑制効果が日本ガン学会で発表されています。又アガロオリゴ糖はその他様々の効果が期待されいます。
衝撃!『オリゴ糖は効果なし』には理由があった!
オリゴ糖は摂っているんだけれど、効果がないのよね〜と悩んでいる方は、オリゴ糖の摂り方に誤りがあります。
【衝撃!】イソマルトオリゴ糖の整腸作用(効果)と危険性
イソマルトオリゴ糖は消化性オリゴ糖のため便秘解消効果を求めて購入すると残念なことになります。また、成分表示をきちんと確認しないと摂りたくもない添加物や人工甘味料を摂ることになるので注意ひ必要です。
イソマルトオリゴ糖の特徴と効果&おすすめ市販品
オリゴ糖商品の中でも比較的安価に購入することのできるイソマルトオリゴ糖の特徴や効果、おすすめの市販品などについて分かりやすくお伝えいたします。
フラクトオリゴ糖の整腸効果※血糖値への影響やイヌリンとの違いは?
フラクトオリゴ糖の整腸効果の他、血糖値へ配慮をしている人への影響やイヌリンとの違いについて解説します。
ガラクトオリゴ糖の効果&4種類の人気ガラクトオリゴ商品をお試し!
ガラクトオリゴ糖の特徴と効果、安全性、ガラクトオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
キシロオリゴ糖の効果と特徴※市販商品も試してみた!
キシロオリゴ糖の特徴と効果、安全性、キシロオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
乳果オリゴ糖の効果・特徴から安全性まで|人気市販品も試してみた!
乳果オリゴ糖の効果、特徴、原料、作られ方から安全性まで、また乳果オリゴ糖が含まれている商品を実際に試してみての感想も綴ります。
菊芋(キクイモオリゴ糖)の便秘解消効果とおすすめレシピ
菊芋の便秘解消効果と、菊芋の食べ方、菊芋を使ったおすすめレシピをご紹介します。

このページの先頭へ戻る