オリゴ糖が便秘を解消する理由&赤ちゃんや妊婦におすすめなワケ

 

「オリゴ糖は便秘解消に効果がある」とはよく知られた事実です。
オリゴ糖が便秘解消に効果をもたらすのには理由があります。
また、赤ちゃんや妊婦さんなどにもオリゴ糖はオススメできます。
ただし、オリゴ糖を選ぶときにちょっとしたコツが必要です。

 

オリゴ糖が便秘を解消するメカニズム

オリゴ糖が便秘を解消するメカニズムは、2つあります。

整腸作用

1つめは「整腸作用」にそのカギがあります。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が住んでいます。

 

善玉菌は腸内環境を整える作用があり、悪玉菌は腸内環境を壊す作用があり、
日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力を見て強いほうの味方をします。
この腸内での勢力争いで善玉菌が優勢である場合、「腸内環境が整っている」と言われます。

 

オリゴ糖は善玉菌のエサになります。エサがあればパワーがみなぎり、勢力が増します。
そして「腸内環境」が良好になります。腸内環境がよくなると、腸のぜん動運動が活発になります。

 

便をかさましする

2つめはオリゴ糖自体が消化されずに腸まで届き、水分を含んだまま移動していきます。
そのため、便のかさましとなり、排便サイクルが早くなるのです。

 

オリゴ糖は即効性があるの?

オリゴ糖はプレバイオティクスなので即効性があります。

 

早い人であれば摂った翌日から効果が実感できる人もいます。

 

プレバイオティクスとは1995年にイギリスの微生物学者によって提唱された概念で

  1. 胃や小腸などで消化・吸収されない
  2. 大腸に住んでいる有益な細菌(善玉菌)のエサになり、有益な細菌が増えるのを助ける
  3. 腸内環境を整えて、よい環境を維持する
  4. 健康維持・増進の役に立つ

の4つの条件を満たす食品成分を指します。

 

まとめると「腸内で消化・吸収されずに大腸まで届き、善玉菌のエサになる。
エサがあると善玉菌が元気になるので腸も元気になる」というわけです。

 

オリゴ糖以外のプレバイオティクスの食品成分としてポリデキストロース、イヌリンなどの一部の食物繊維があります。

 

オリゴ糖が効かないときは・・・

オリゴ糖が効かないときは2つの理由を考えましょう。

 

善玉菌の好みと合わない

オリゴ糖の量や種類が腸に合っていない 腸内に棲息する菌の種類や数には個人差があります。
オリゴ糖にも種類があり、善玉菌にも種類があり、好むオリゴ糖が異なります。
善玉菌はオリゴ糖なら何でも食べるわけではないのです。
そのため、自分の腸内に棲む善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選ぶ必要があります。

 

また、善玉菌の好みに合ったオリゴ糖を選んでいても量が多かったり少なかったりして効果が感じられないことがあるかもしれません。
少ない場合は便秘が解消されず、多い場合は下痢になります。

 

下痢になってしまった場合は、摂取を一時中止すればいずれ治りますが、便秘よりも不快感が強いと思いますので、少量から試してみてどうしても効果がない場合のみ、増量するというステップを踏んでください。

 

オリゴ糖の摂取方法

オリゴ糖のおかげで元気になった善玉菌に対抗する強い悪玉菌が出現する

善玉菌が強くなったからといって、悪玉菌だって負けてはいられません。
善玉菌が強くなれば悪玉菌も強くならざるを得ません。

 

こうなると今までのオリゴ糖の摂取方法では効かないこともあるでしょう。
その場合、一旦、オリゴ糖の摂取を少なくして悪玉菌を油断させ、数日後に一気に元の量に増やしたり、摂取する時間や頻度を変えるなど、オリゴ糖の摂取方法やサイクルに変化をつけると効果的です。

 

赤ちゃんはオリゴ糖を食べても大丈夫?

栄養源を母乳のみに頼っている赤ちゃんは固形物を食べていないので、さほど便量が多くありません。
しかし、今までよりも便が出る頻度や量が少なくなったら心配ですね。

 

赤ちゃんがオリゴ糖を食べても問題ありません。

 

とくに、ガラクトオリゴ糖は母乳にも含まれている成分ですので、安心だと思います。

 

ただし、商品を選ぶ際には、純度の高いものを利用しましょう。
シロップタイプのものは純度が低く、赤ちゃんには向かない製品が多いようです。

商品を選択する際の参考にして下さい。

 

妊婦さんはオリゴ糖を食べても大丈夫?

妊婦さんはお腹に赤ちゃんがいるので、腸が押されて通常よりも自由に腹腔内を利用することができません。
そのため、便秘になりやすい状態です。

 

便秘になると妊婦さん本人も不快でしょうし、赤ちゃんもお腹のスペースを便と共有するなんてイヤだと思います。
便秘で悩んでいるなら、早めに解消したいところです。

 

妊婦さんも、オリゴ糖を摂ることは問題ありません。

 

赤ちゃんもそうですが妊婦さんも、純度の高いものを利用しましょう。
また、砂糖や保存料などの添加物の含まれていないものを選ぶようにしましょう。

 

妊婦さんの場合は、物理的に腸が圧迫されている状態なので、
通常の状態よりも効果が出るまでに時間がかかるかもしれません。
通常よりもさらにしっかり効果の出方を確認しながら適量を決めていくようにして下さい。

 

 

悩み別オリゴ糖ランキングはこちら

赤ちゃんの便秘解消
妊婦の便秘解消

血糖値とオリゴ糖
ダイエットとオリゴ糖

普通の人とオリゴ糖
安全性で選ぶオリゴ糖

関連ページ

オリゴ糖とは?
オリゴ糖とは何?って思っている方は、まずは、こちらからお読み下さい。
積極的に摂ろう!オリゴ糖を含む食品【オリゴ糖を含む食品ランキング】
便秘解消に効果的とされているオリゴ糖を多く含んでいる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。ランキングでご紹介します。
赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?オススメはどんなタイプ?
赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?またいつから与えられるのか?飲ませ方は?適量は?虫歯の心配はない?などの疑問にお答えします。
妊婦の便秘解消にオリゴ糖は危険?安全?おすすめタイプとは?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?また、妊婦におすすめのオリゴ糖はどんなタイプになるのでしょうか?
オリゴ糖のアトピーへの効果※悪化した!完治した!どっちなの?
オリゴ糖でアトピーが治った!という人とオリゴ糖でアトピーが悪化した!という人がいます。同じアトピーなのに治った人がいる一方、悪化してしまった人がいるのはなぜでしょうか?
オリゴ糖とハチミツとメープルシロップを徹底比較!違いはココ!
オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも甘味料」として販売されています。そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。
ラフィノースオリゴ糖の効能※赤ちゃんや妊婦やアトピーにどう?
ラフィノースのオリゴ糖の効果について説明します。赤ちゃんや妊娠中に摂っても安全なのか?またアトピーへの効果はあるのか?
大豆オリゴ糖の効果〜商品、食品、レシピも合わせてご紹介!
大豆オリゴ糖の効果、安全性、原料や、大豆オリゴ糖が摂れる商品、食品について解説します。おすすめレシピも作りましたので参考にどうぞ。
オリゴ糖の種類ごとにカロリーを比較してみました!
ダイエットにも効果的と言われているオリゴ糖。そのオリゴ糖のカロリーを種類ごとに比較してみました。中には、砂糖と同じカロリーのオリゴ糖もあるので要注意ですよ。
オリゴ糖は血糖値を下げる?上げる?血糖値への影響と糖質制限
オリゴ糖は血糖値への影響があるのでしょうか?GI値はどのぐらい?またオリゴ糖で糖質制限は可能なのでしょうか?
アガロオリゴ糖の驚くべき効果!自宅で簡単作り方マニュアル
アガロオリゴ糖のガン抑制効果が日本ガン学会で発表されています。又アガロオリゴ糖はその他様々の効果が期待されいます。
衝撃!『オリゴ糖は効果なし』には理由があった!
オリゴ糖は摂っているんだけれど、効果がないのよね〜と悩んでいる方は、オリゴ糖の摂り方に誤りがあります。
【衝撃!】イソマルトオリゴ糖の整腸作用(効果)と危険性
イソマルトオリゴ糖は消化性オリゴ糖のため便秘解消効果を求めて購入すると残念なことになります。また、成分表示をきちんと確認しないと摂りたくもない添加物や人工甘味料を摂ることになるので注意ひ必要です。
イソマルトオリゴ糖の特徴と効果&おすすめ市販品
オリゴ糖商品の中でも比較的安価に購入することのできるイソマルトオリゴ糖の特徴や効果、おすすめの市販品などについて分かりやすくお伝えいたします。
フラクトオリゴ糖の整腸効果※血糖値への影響やイヌリンとの違いは?
フラクトオリゴ糖の整腸効果の他、血糖値へ配慮をしている人への影響やイヌリンとの違いについて解説します。
ガラクトオリゴ糖の効果&4種類の人気ガラクトオリゴ商品をお試し!
ガラクトオリゴ糖の特徴と効果、安全性、ガラクトオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
キシロオリゴ糖の効果と特徴※市販商品も試してみた!
キシロオリゴ糖の特徴と効果、安全性、キシロオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
乳果オリゴ糖の効果・特徴から安全性まで|人気市販品も試してみた!
乳果オリゴ糖の効果、特徴、原料、作られ方から安全性まで、また乳果オリゴ糖が含まれている商品を実際に試してみての感想も綴ります。
菊芋(キクイモオリゴ糖)の便秘解消効果とおすすめレシピ
菊芋の便秘解消効果と、菊芋の食べ方、菊芋を使ったおすすめレシピをご紹介します。

このページの先頭へ戻る