イソマルトオリゴ糖の特徴と効果&おすすめ市販品

 

腸内で善玉菌のエサとなり、腸の健康に大きく貢献する食品がオリゴ糖です。
オリゴ糖はプレバイオティクスとして、世界から注目されていますが、実は様々な種類が存在しているんですよ。

 

種類が違えば、風味や特徴も変わり、健康効果も変わってきます。
オリゴ糖を上手に生活に取り入れるためにも、それぞれのオリゴ糖の特徴を知っておく必要があるのです。

 

今回は、比較的安価で手に入り、目にする機会が多いイソマルトオリゴ糖の特徴や効果、実際の商品などについて分かりやすくお伝えいたします。

 

 

イソマルトオリゴ糖の特徴

イソマルトオリゴ糖とは、グルコースによって構成され、α-1,6結合を有している少糖類の事を指します。
天然物や調味料にも広く含有されており、みりんやはちみつ、味噌や醤油の中にも存在しています。
カロリーはオリゴ糖の中でも高めで、まろやかでコクのある甘味が特徴的な煮物に使うのに適しているオリゴ糖です。

 

部分的に分解される性質を持っているため、難消化性のオリゴ糖と比較して下痢などの副作用を起こしにくいという特徴を持っています。

 

特定保健用食品として消費者庁から認定されています。

 

イソマルトオリゴ糖の原料

オリゴ糖は主に乳糖や砂糖、デンプンなどの原料や天然の原料から作られます。
イソマルトオリゴ糖は、デンプンを原料として作られるオリゴ糖です。
デンプンはとうもろこしやジャガイモから抽出された物が主に使用されています。

 

イソマルトオリゴ糖の作り方

イソマルトオリゴ糖は、デンプンを原料にして、微生物由来の転移酵素を作用させる事で製造されます。
その後、ろ過や脱塩脱色、濃縮作業などの工程を経て、安定性のよい高品質のイソマルトオリゴ糖が完成します。

 

イソマルトオリゴ糖の効果

イソマルトオリゴ糖は、腸内でビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌を増殖させる作用があります。
そのため、イソマルトオリゴ糖を摂取する事で、腸内を酸性に整えて悪玉菌の増殖を抑制し、便秘の改善や腸内環境の改善に効果を示します。
この整腸作用については、他のオリゴ糖よりもやや効果が弱い傾向にあります。

 

整腸作用以外にも、イソマルトオリゴ糖には、虫歯への効果も報告されています。
イソマルトオリゴ糖は、虫歯の原因となりにくいため、虫歯を予防する意図でも用いる事ができます。
整腸効果を得るための摂取目安量は1日あたり10g以上となっています。

 

イソマルトオリゴ糖の安全性

イソマルトオリゴ糖については、動物を用いた実験や培養細胞を用いた実験により、毒性や遺伝子への危険性がない事が明らかとなっています。
また、部分的に消化されるため、下痢などの副作用を起こしにくい利点もあります。
酸や熱にも強いため、料理などにも安心して使用する事ができます。

 

イソマルトオリゴ糖を含む商品

ドラッグストアやネットで、最もお手軽に手に入れることができるオリゴ糖商品が、
「イソマルトオリゴ糖シロップ」です。

 

イソマルトオリゴ糖商品の種類と特徴

イソマルトオリゴ糖を含む商品「イソマルトオリゴ糖シロップ」は実に様々な種類が販売されていますが、代表的な商品は、次の7つです。

 

  • 井藤漢方製薬イソマルトオリゴ糖
  • 毎日活き活きオリゴ糖
  • オリヒロ オリゴ糖(※終売品)
  • ありがとうオリゴ糖
  • オリゴの甘み
  • マルミ オリゴ糖
  • 梅屋ハネー イソマルトオリゴ糖

 

 

どの商品も同じような形のボトルに入っており、内容量も全て同じで1000g。
価格も似たり寄ったりでイソマルトオリゴ糖の商品は違いが分かりにくくなっています。

 

そこで、今までに人気のイソマルトオリゴ糖シロップをほとんど食べている私が、
パッケージからは分からない商品の違いを徹底的にご紹介していきます。

 

まずは、それぞれの商品の特徴を次の表にまとめました。

 

  価格 イソマルトオリゴ糖量(100g当たり) 原材料 原材料の産地 製造地 販売会社
井藤漢方製薬イソマルトオリゴ糖 506円(税込) 37.7g以上 とうもろこし(遺伝子組換え不分別) アメリカ 日本(大阪府) 井藤漢方製薬株式会社
毎日活き活きオリゴ糖 657円(税込) 41.25g以上

ジャガイモ
さつまいも
タピオカ
コーンスターチ(遺伝子組換え不分別)

ジャガイモ:鹿児島
さつまいも:北海道
タピオカ:タイ
コーンスターチ:アメリカ

日本(大阪府) ユウキ製薬株式会社
オリヒロ オリゴ糖 ※終売品 439円(税込) 41.2g

とうもろこし(遺伝子組換え不分別)
キャッサバ
ばれいしょ
さつまいも

とうもろこし:アメリカ
キャッサバ:タイ、ベトナム
ばれいしょ:北海道
さつまいも:鹿児島

日本(群馬県) オリヒロ株式会社
ありがとうオリゴ糖 637円(税込) 37.6g以上 とうもろこし(遺伝子組換え不分別)

かんしょでん粉

とうもろこし:アメリカ、ブラジル、アルゼンチン

かんしょでん粉:タイ

日本(佐賀県) 熊手蜂蜜株式会社
オリゴの甘み 463円(税込) 50g とうもろこし(遺伝子組換えではない) アメリカ 日本(愛知県) 日本コーンスターチ株式会社
マルミ オリゴ糖 502円(税込) 41.25g以上 とうもろこし(遺伝子組換えではない) アメリカ 日本(岐阜県) 株式会社マルミ
梅屋ハネー イソマルトオリゴ糖 447円(税込) 41.25g以上 とうもろこし(遺伝子組換えではない) アメリカ 日本(岐阜県) 株式会社梅屋ハネー

 

イソマルトオリゴ糖を含むおすすめ商品とその理由

 

ご紹介した7つのイソマルトオリゴ糖シロップを食べて比べてみた結果、私が一番おすすめなのが、「オリゴの甘み」です。

 

 

オリゴの甘みをおすすめする理由は次の5つです。

  • 理由1 100g中50gのイソマルトオリゴ糖が含まれ、比較した中では一番量が多い。
  • 理由2 契約農場で育てた「遺伝子組換えではない」とうもろこしが原材料。
  • 理由3 公式ホームページでは畑の様子を動画と写真で公開し、生産者や種子会社、農家の情報も公開している。
  • 理由4 3年連続でモンドセレクション金賞受賞。
  • 理由5 創業150年の歴史ある会社で、でん粉のパイオニア的存在である。

 

オリゴの甘みは、良い部分はたくさん出てきますが、気になる点は1つもないんですよ。

 

イソマルトオリゴ糖の各商品の詳細情報

イソマルトオリゴ糖は毎日食べることで効果を発揮します。
毎日食べるとなると気になるのが、味やカロリーなどの栄養成分、添加物の有無ですよね。

 

そこで、イソマルトオリゴ糖商品の味・栄養成分、添加物の有無などの詳細情報を各商品ごとにまとめました。

 

井藤漢方製薬イソマルトオリゴ糖

 

 

  • 販売者:井藤漢方製薬株式会社
  • 購入価格:506円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換え不分別)
  • 原材料の産地:アメリカ
  • 製造地:日本(大阪府)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー302kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75.4g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

イソマルトオリゴ糖は「糖組成当たり」50%以上。
「糖組成」=「炭水化物」なので、炭水化物75.4gの50%以上、
つまり含まれているイソマルトオリゴ糖は37.7g以上です。

 

 

味は、口に入れた瞬間は、あまり味はしませんが、後に甘さがやってきます。

 

毎日活き活きオリゴ糖

 

  • 販売者:ユウキ製薬株式会社
  • 購入価格:657円(税込)
  • 原材料:ジャガイモ、さつまいも、タピオカ、コーンスターチ(遺伝子組換え不分別)
  • 原材料の産地:ジャガイモ(鹿児島)、さつまいも(北海道)、タピオカ(タイ)、コーンスターチ(アメリカ)
  • 製造地:日本(大阪府)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

 

イソマルトオリゴ糖は「固形分あたり」55%以上。
「固形分」とは「炭水化物」なので、75gの55%以上という事になり、
含まれているイソマルトオリゴ糖は41.25g以上です。

 

 

味は水あめのような味で、しっかりとした甘さがあります。

 

オリヒロ オリゴ糖 (※終売品)

 

  • 販売者:オリヒロ株式会社
  • 購入価格:439円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換え不分別)、キャッサバ、ばれいしょ、さつまいも
  • 原材料の産地:とうもろこし(アメリカ)、キャッサバ(タイ・ベトナム)、ばれいしょ(北海道)、さつまいも(鹿児島)
  • 製造地:日本(群馬県)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

 

イソマルトオリゴ糖は41.2g入っています。

 

 

味は、甘さがとても控えめな、水あめのような味がします。

 

ありがとうオリゴ糖

 

 

  • 販売者:熊手蜂蜜株式会社
  • 購入価格:637円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換え不分別)、かんしょでん粉
  • 原材料の産地:とうもろこし(アメリカ・ブラジル・アルゼンチン)かんしょでん粉(タイ)
  • 製造地:日本(佐賀県)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75.2g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

 

固形分あたり50%以上のイソマルトオリゴ糖が含まれます。
この場合「炭水化物」が「固形分」になりますので、炭水化物75.2gの50%以上という事で、イソマルトオリゴ糖は37.6g以上です。

 

 

味は甘味の強いべっ甲飴のようで、若干後味が残ります。

 

オリゴの甘み

 

 

  • 販売者:日本コーンスターチ株式会社
  • 購入価格:463円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換えではない)
  • 原材料の産地:アメリカ
  • 製造地:日本(愛知県)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

アメリカにある契約農家で作られた、遺伝子組換えではないとうもろこしを
原材料にしています。
3年連続でモンドセレクションの金賞を受賞しているオリゴ糖です。

 

 

パッケージに表示はありませんが、100g当たりのイソマルトオリゴ糖の量は50gです。

 

 

味は、甘味が薄く、すっきりとした甘さです。

 

マルミ オリゴ糖

 

  • 販売者:株式会社 マルミ
  • 購入価格:502円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換えではない)
  • 原材料の産地:アメリカ
  • 製造地:日本(岐阜県)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

 

イソマルトオリゴ糖は「固形分あたり」55%以上。
「固形分」=「炭水化物」の事なので、75g中の55%以上がイソマルトオリゴ糖という事になります。
計算してみるとイソマルトオリゴ糖の量は41.25g以上です。

 

 

味はお砂糖に近い甘さがあります。

 

梅屋ハネー イソマルトオリゴ糖

 

  • 販売者:株式会社 梅屋ハネー
  • 購入価格:447円(税込)
  • 原材料:とうもろこし(遺伝子組換えではない)
  • 原材料の産地:アメリカ
  • 製造地:日本(岐阜県)

 

栄養成分表示 100g当たり

  • エネルギー300kcal 
  • たんぱく質 0g 糖質 0g 炭水化物 75g ナトリウム 0mg
  • 添加物:なし

 

 

イソマルトオリゴ糖は「固形分あたり」55%以上なので、
100gあたり炭水化物が75gの場合のイソマルトオリゴ糖の量は41.25gです。

 

 

味は角砂糖をそのまま食べたような、強い甘味があります。

 

実は・・・
「梅屋ハネー イソマルトオリゴ糖」と「マルミ オリゴ糖」を作っている会社は関連会社なんです。
こちらのふたつのイソマルトオリゴ糖シロップは、製法や原材料は全く同じ物が使われていて、作られた工場は異なりますが、全く同じイソマルトオリゴ糖シロップです。

 


 

イソマルトオリゴ糖商品を選ぶときの注意点

 

イソマルトオリゴ糖の商品は、見た目ではほとんど違いが分かりません。
しかし、実際に調べてみると、パッケージには書かれていない原材料やイソマルトオリゴ糖の量に違いがありました。

 

特に注意したいのが、原材料です。
安く手に入れることができるイソマルトオリゴ糖シロップの中には、遺伝子組換えの原材料が使われている可能性のある商品もあるんですよ。

 

毎日食べるイソマルトオリゴ糖だからこそ、遺伝子組換えではない安全な商品を選ぶことが大切です。
ぜひ今回の記事を参考にイソマルトオリゴ糖商品を選んでくださいね。

 

最後に

イソマルトオリゴ糖は、特定保健用食品に認定されていますが、便秘の改善や腸内環境の改善への効果は、他のオリゴ糖よりも低い傾向にあります。
ですが、甘味にコクがあり、熱や酸にも強いため、料理などに幅広く利用する事ができます。
イソマルトオリゴ糖商品は、安く手に入れることができるため、ぜひ日々の生活に役立ててくださいね。

悩み別オリゴ糖ランキングはこちら

赤ちゃんの便秘解消
妊婦の便秘解消

血糖値とオリゴ糖
ダイエットとオリゴ糖

普通の人とオリゴ糖
安全性で選ぶオリゴ糖

関連ページ

オリゴ糖とは?
オリゴ糖とは何?って思っている方は、まずは、こちらからお読み下さい。
オリゴ糖が便秘を解消する理由&赤ちゃんや妊婦におすすめなワケ
オリゴ糖が便秘解消に効果をもたらすのには理由があります。また、赤ちゃんや妊婦さんなどにもオリゴ糖はオススメできます。ただし、オリゴ糖を選ぶときにちょっとしたコツが必要です。
積極的に摂ろう!オリゴ糖を含む食品【オリゴ糖を含む食品ランキング】
便秘解消に効果的とされているオリゴ糖を多く含んでいる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。ランキングでご紹介します。
赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?オススメはどんなタイプ?
赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?またいつから与えられるのか?飲ませ方は?適量は?虫歯の心配はない?などの疑問にお答えします。
妊婦の便秘解消にオリゴ糖は危険?安全?おすすめタイプとは?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?また、妊婦におすすめのオリゴ糖はどんなタイプになるのでしょうか?
オリゴ糖のアトピーへの効果※悪化した!完治した!どっちなの?
オリゴ糖でアトピーが治った!という人とオリゴ糖でアトピーが悪化した!という人がいます。同じアトピーなのに治った人がいる一方、悪化してしまった人がいるのはなぜでしょうか?
オリゴ糖とハチミツとメープルシロップを徹底比較!違いはココ!
オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも甘味料」として販売されています。そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。
ラフィノースオリゴ糖の効能※赤ちゃんや妊婦やアトピーにどう?
ラフィノースのオリゴ糖の効果について説明します。赤ちゃんや妊娠中に摂っても安全なのか?またアトピーへの効果はあるのか?
大豆オリゴ糖の効果〜商品、食品、レシピも合わせてご紹介!
大豆オリゴ糖の効果、安全性、原料や、大豆オリゴ糖が摂れる商品、食品について解説します。おすすめレシピも作りましたので参考にどうぞ。
オリゴ糖の種類ごとにカロリーを比較してみました!
ダイエットにも効果的と言われているオリゴ糖。そのオリゴ糖のカロリーを種類ごとに比較してみました。中には、砂糖と同じカロリーのオリゴ糖もあるので要注意ですよ。
オリゴ糖は血糖値を下げる?上げる?血糖値への影響と糖質制限
オリゴ糖は血糖値への影響があるのでしょうか?GI値はどのぐらい?またオリゴ糖で糖質制限は可能なのでしょうか?
アガロオリゴ糖の驚くべき効果!自宅で簡単作り方マニュアル
アガロオリゴ糖のガン抑制効果が日本ガン学会で発表されています。又アガロオリゴ糖はその他様々の効果が期待されいます。
衝撃!『オリゴ糖は効果なし』には理由があった!
オリゴ糖は摂っているんだけれど、効果がないのよね〜と悩んでいる方は、オリゴ糖の摂り方に誤りがあります。
【衝撃!】イソマルトオリゴ糖の整腸作用(効果)と危険性
イソマルトオリゴ糖は消化性オリゴ糖のため便秘解消効果を求めて購入すると残念なことになります。また、成分表示をきちんと確認しないと摂りたくもない添加物や人工甘味料を摂ることになるので注意ひ必要です。
フラクトオリゴ糖の整腸効果※血糖値への影響やイヌリンとの違いは?
フラクトオリゴ糖の整腸効果の他、血糖値へ配慮をしている人への影響やイヌリンとの違いについて解説します。
ガラクトオリゴ糖の効果&4種類の人気ガラクトオリゴ商品をお試し!
ガラクトオリゴ糖の特徴と効果、安全性、ガラクトオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
キシロオリゴ糖の効果と特徴★市販商品も試してみた!
キシロオリゴ糖の特徴と効果、安全性、キシロオリゴ糖が含まれている商品について解説します。
菊芋(キクイモオリゴ糖)の便秘解消効果とおすすめレシピ
菊芋の便秘解消効果と、菊芋の食べ方、菊芋を使ったおすすめレシピをご紹介します。

このページの先頭へ戻る