赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?オススメはどんなタイプ?

 

赤ちゃんの便秘に悩んでいるお母さんは少なくありません。
お腹を「のの字」にマッサージしたり、綿棒でお尻をツンツンしたり、
いろいろな努力をしてみても、なかなか解消しないのが赤ちゃんの便秘です。

 

赤ちゃんの便秘が続くと、母乳やミルクを吐き戻したり、
機嫌が悪くなったりするので、とても心配になりますよね。
そんな時に頼りたくなるのが、便秘解消に効果があるオリゴ糖です。

 

でも「赤ちゃんってデリケートだし、オリゴ糖を飲ませても大丈夫?」と不安になる方も多いと思います。
結論から言うと、赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませても大丈夫です。

 

では、赤ちゃんにいつから、どのようにしてオリゴ糖を飲ませたら良いのでしょうか?

 

 

いつから赤ちゃんはオリゴ糖が飲める?

赤ちゃんは月齢が何ヶ月になったらオリゴ糖が飲めるのでしょうか?
オリゴ糖には何ヶ月まで与えてはいけないという決まりはありません。
生後1ヶ月でも3ヶ月でも赤ちゃんに便秘の症状が見られたら与えて大丈夫です。

 

赤ちゃんへ与えるオリゴ糖の量

 

大人の場合は1日5グラムが目安とされていますが、
赤ちゃんの場合は大人よりも体が小さいので量が変わります。

 

生後6ヶ月位の赤ちゃんの場合

1日1グラムから与えていきます。
オリゴ糖は1日に何グラムまでしか摂取してはいけないという決まりがありませんので、
1日1グラム与え続けても便秘が改善しない場合には、1日に1グラムを2回与えても大丈夫です。

 

生後6ヶ月未満の乳児の場合

1日0.5グラムからスタートします。
こちらも与え続けて改善しない場合は、徐々に量を増やしても大丈夫です。

 

赤ちゃんへのオリゴ糖の飲ませ方

赤ちゃんと言っても月齢や離乳食の進め方によって飲ませ方が変わってきますので、分けてご紹介します。

 

離乳食をスプーンで食べられる赤ちゃん

赤ちゃんの成長具合により変わりますが、生後6ヶ月頃から
離乳食を始めてスプーンを使って食べている赤ちゃんには
オリゴ糖をお粥やヨーグルトに振りかけたり、離乳食に混ぜたりして食べさせます。

 

哺乳瓶でミルクが飲める赤ちゃん

まだ離乳食は始めていないので、スプーンで食べられないけれど、
哺乳瓶でミルクが飲める赤ちゃんには、ミルクの中にオリゴ糖を混ぜて与えます。

 

母乳しか飲まない赤ちゃん

中には哺乳瓶が苦手で母乳しか飲まない赤ちゃんもいます。
その場合には、少量の水で練ったオリゴ糖をお母さんの乳頭に付けて、
赤ちゃんに母乳をあげる要領でオリゴ糖を与えます。

 

赤ちゃんも飲めるオリゴ糖水の作り方

月齢に関係なく与えられるオリゴ糖水の作り方をご紹介します。

 

粉末のオリゴ糖1グラムを湯冷まし25ccの中に入れてよく混ぜます。
これで完成です。

 

スプーンですくって与えても哺乳瓶で与えても大丈夫ですし、離乳食やミルクに混ぜて与えても大丈夫です。

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与えて虫歯にならないの?

歯が生え始めていない赤ちゃんには安心して与えられますが、
歯が生え始めた赤ちゃんがオリゴ糖を食べて虫歯にならないか心配になりますよね。

 

生え始めたばかりの歯は柔らかいので、虫歯にも食べられやすいのですが、
オリゴ糖の中には虫歯菌が好む糖が含まれていませんので、虫歯の心配はありません。

 

もし、それでも虫歯になる心配が拭えない場合には、オリゴ糖を与えた後に歯磨きをしてあげたり、濡らしたガーゼで歯を拭いてあげたり、口の中をケアしてあげると効果的です。

 

赤ちゃんにオリゴ糖を与える時の注意点

市販されているオリゴ糖の中には砂糖や食品添加物が含まれている商品もありますので、
そのような商品を赤ちゃんの便秘解消に使うのは不向きです。
そして、イソマルトオリゴ糖などの消化性オリゴ糖は、腸に届く前に消化されてしまいますので、思うような効果が得られません。

 

 

また、オリゴ糖は1種類のオリゴ糖を摂るよりも、複数のオリゴ糖を一緒に摂り、
腸にいるビフィズス菌にまんべんなく餌を与える方が便秘解消への近道
になります。

 

赤ちゃんに与えても安全なオリゴ糖の条件とは

  • 純度が高いオリゴ糖
  • 腸まで届く難消化性のオリゴ糖
  • いろいろな種類のオリゴ糖がブレンドされいるオリゴ糖

 

こちらの3つの条件をクリアしている赤ちゃんに与えても大丈夫なオリゴ糖が、
カイテキオリゴやはぐくみオリゴなんです。

 

カイテキオリゴもはぐくみオリゴもオリゴ糖の純度が非常に高く、
カイテキオリゴは6種類のオリゴ糖と2種類の食物繊維、

 

はぐくみオリゴは5種類のオリゴ糖がブレンドされています。
腸まで届く難消化性オリゴ糖が多く含まれているのもポイントです。


 

まとめ

赤ちゃんが便秘になると、病院に連れて行き浣腸をしてもらったり、内服薬をもらったりする方も多いと思いますが、病院に行くと待ち時間が長かったり、診察で騒いだりと赤ちゃんもお母さんも大変な思いをする事が多いはずです。
薬をもらっても飲ませるのが大変で、飲ませきれずに途中でやめてしまった事もあると思います。

 

オリゴ糖なら、そんな大変は思いをしなくてすみます。
赤ちゃんが便秘になった時は、まずは、高純度オリゴ糖を試してみませんか?

 

 

悩み別オリゴ糖ランキングはこちら

赤ちゃんの便秘解消
妊婦の便秘解消

血糖値とオリゴ糖
ダイエットとオリゴ糖

普通の人とオリゴ糖
安全性で選ぶオリゴ糖

関連ページ

オリゴ糖とは?
オリゴ糖とは何?って思っている方は、まずは、こちらからお読み下さい。
オリゴ糖が便秘を解消する理由&赤ちゃんや妊婦におすすめなワケ
オリゴ糖が便秘解消に効果をもたらすのには理由があります。また、赤ちゃんや妊婦さんなどにもオリゴ糖はオススメできます。ただし、オリゴ糖を選ぶときにちょっとしたコツが必要です。
積極的に摂ろう!オリゴ糖を含む食品【オリゴ糖を含む食品ランキング】
便秘解消に効果的とされているオリゴ糖を多く含んでいる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。ランキングでご紹介します。
妊婦の便秘解消にオリゴ糖は危険?安全?おすすめタイプとは?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?また、妊婦におすすめのオリゴ糖はどんなタイプになるのでしょうか?
オリゴ糖のアトピーへの効果※悪化した!完治した!どっちなの?
オリゴ糖でアトピーが治った!という人とオリゴ糖でアトピーが悪化した!という人がいます。同じアトピーなのに治った人がいる一方、悪化してしまった人がいるのはなぜでしょうか?
オリゴ糖とハチミツとメープルシロップを徹底比較!違いはココ!
オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも甘味料」として販売されています。そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。
ラフィノースオリゴ糖の効能※赤ちゃんや妊婦やアトピーにどう?
ラフィノースのオリゴ糖の効果について説明します。赤ちゃんや妊娠中に摂っても安全なのか?またアトピーへの効果はあるのか?
大豆オリゴ糖の効果〜商品、食品、レシピも合わせてご紹介!
大豆オリゴ糖の効果、安全性、原料や、大豆オリゴ糖が摂れる商品、食品について解説します。おすすめレシピも作りましたので参考にどうぞ。
オリゴ糖の種類ごとにカロリーを比較してみました!
ダイエットにも効果的と言われているオリゴ糖。そのオリゴ糖のカロリーを種類ごとに比較してみました。中には、砂糖と同じカロリーのオリゴ糖もあるので要注意ですよ。
オリゴ糖は血糖値を下げる?上げる?血糖値への影響と糖質制限
オリゴ糖は血糖値への影響があるのでしょうか?GI値はどのぐらい?またオリゴ糖で糖質制限は可能なのでしょうか?
アガロオリゴ糖の驚くべき効果!自宅で簡単作り方マニュアル
アガロオリゴ糖のガン抑制効果が日本ガン学会で発表されています。又アガロオリゴ糖はその他様々の効果が期待されいます。
『オリゴ糖は効果なし』には理由があった!
オリゴ糖は摂っているんだけれど、効果がないのよね〜と悩んでいる方は、オリゴ糖の摂り方に誤りがあります。
イソマルトオリゴ糖の整腸作用(効果)と危険性
イソマルトオリゴ糖は消化性オリゴ糖のため便秘解消効果を求めて購入すると残念なことになります。また、成分表示をきちんと確認しないと摂りたくもない添加物や人工甘味料を摂ることになるので注意ひ必要です。
フラクトオリゴ糖の整腸効果※血糖値への影響やイヌリンとの違いは?
フラクトオリゴ糖の整腸効果の他、血糖値へ配慮をしている人への影響やイヌリンとの違いについて解説します。
ガラクトオリゴ糖の効果&4種類の人気ガラクトオリゴ商品をお試し!
ガラクトオリゴ糖の特徴と効果、安全性、ガラクトオリゴ糖が含まれている商品について解説します。

このページの先頭へ戻る