フラクトオリゴ糖の整腸効果※血糖値への影響やイヌリンとの違いは?

その人本来の善玉菌に元気を与え、腸内を酸性の状態に導く事で、オリゴ糖は腸内環境を改善します。
ヨーロッパ各国では、ヨーグルトなどのプロバイオティクスよりもオリゴ糖などのプレバイオティクスの方が注目されているんですよ。

 

オリゴ糖の摂取で大切なのが、オリゴ糖の種類と特性を上手に利用するという事です。
今回は、オリゴ糖の中でも自然界にも多数存在しているフラクトオリゴ糖についてお伝えいたします。

 

 

 

フラクトオリゴ糖の特徴

 

フラクトオリゴ糖は、砂糖に果糖であるフルクトースが1〜3個結合したオリゴ糖が主成分となっており、自然界にも玉ねぎやアスパラガス、蜂蜜、バナナなど幅広く含有されています。

 

砂糖にフルクトースが1つ結合したオリゴ糖がケトースで善玉菌増加に即効的効果を示します。
その他、砂糖にフルクトースが2つ結合した物がニストース、3つ結合した物がフラクトシルニストースとなっており、これらのオリゴ糖は広範囲の善玉菌に効果を発揮します。

 

フラクトオリゴ糖の味は砂糖に近く、クセのないまろやかな甘味を呈します。
難消化性であり、カロリーは1gあたり2kcalと砂糖の半分となっています。

 

フラクトオリゴ糖の原料

フラクトオリゴ糖の原料は砂糖となっています。
フラクトオリゴ糖に用いられる砂糖は、甜菜などから抽出された物が使用されています。

 

フラクトオリゴ糖の作り方

 

フラクトオリゴ糖は、原料の砂糖に酵素を反応させて果糖を転移させる事で作られます。
その後精製・濃縮の過程を経て純度55%以上のフラクトオリゴ糖が製造され、そこからさらに分離・精製されて濃縮された物が純度95%以上の製品となります。

 

フラクトオリゴ糖の効果

 

フラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌や乳酸菌を増殖させる作用があり、これらの善玉菌が増える事で、腸内を酸性に整えて腸の蠕動運動を促進する効果があります。
整腸効果については、消費者庁から特定保健用食品として表示が認められています。

 

また、フラクトオリゴ糖は、難消化性で小腸で消化されないため、血糖値を上昇させず、メタボリックシンドロームの予防にも役立ちます。
実際に純度の高いフラクトオリゴ糖は、砂糖の代替甘味料として糖尿病患者に用いられています。

 

その他にも、善玉コレステロールを減少させずに悪玉コレステロールのみを低減させる効果やミネラル類の吸収を促進させる効果が認められています。

 

現在では、大腸がんや潰瘍性大腸炎の予防効果が研究されています。
フラクトオリゴ糖の1日あたりの摂取目安量は、3〜8gとなっています。

 

フラクトオリゴ糖の安全性

 

フラクトオリゴ糖は自然界にも広く存在し、毒性試験や遺伝子への影響を調べた試験によって安全性が証明されているため、安心して摂取できる食品です。

 

ただし、多量に摂取した場合は、お腹が緩くなってしまう副作用を呈するため、過剰摂取には注意しましょう。


最後に
フラクトオリゴ糖は、様々な野菜や果物にも含まれているオリゴ糖ですので、安心して摂取する事ができます。

風味は砂糖に近いにも関わらずカロリーは砂糖の半分であるため、生活習慣病や血糖値に配慮している方におすすめのオリゴ糖です。


フラクトオリゴ糖とイヌリンとの違い

フラクトオリゴ糖と同じような働きをする成分がイヌリンです。

 

イヌリンは人の消化酵素では分解できず、
そのまま腸内に届いて善玉菌のエサになり、フラクトオリゴ糖まで分解されます。

 

それでは、具体的にフラクトオリゴ糖とイヌリンはどのような違いを持つのでしょうか?

 

イヌリンは2つの側面を持った成分

フラクトオリゴ糖が砂糖に果糖が1〜3個結合した少糖であるのに対し、
イヌリンは砂糖に果糖が10個結合した多糖に分類されます。

 

この構造の長さによって、イヌリンは水溶性食物繊維として機能しつつ、
フラクトオリゴ糖としての効果も発揮するのです。

 

イヌリンは糖分や脂肪分の吸収をブロックする

イヌリンにあってフラクトオリゴ糖にない作用が、水溶性食物繊維としての機能です。

 

イヌリンは水溶性食物繊維としても働くため、体内に入ると水分を吸収してネバネバのゲル状になります。
ゲル状になったイヌリンは腸壁から余分な糖分や塩分、脂肪分の吸収をブロックします。

 

また、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるため、
イヌリンを摂取する事で動脈硬化やメタボリックシンドロームなどへの対策効果が期待できます。

 

糖尿病予防にはフラクトオリゴ糖よりもイヌリン

体内でゲル状になったイヌリンはゆっくりと消化器官を通過するため、血糖値の急上昇を防止します。
血糖値の大きな変動はインスリンの分泌に大きな負担となり、糖尿病の発症に繋がります。
水溶性食物繊維として血糖値の変動を穏やかにするイヌリンは、糖尿病予防に効果が期待できるのです。

 

フラクトオリゴ糖の方が早く善玉菌のエサになる

 

イヌリンは長い構造を持つため、消化器官の通過時間も長く、善玉菌による分解にも時間がかかります。
一方で、フラクトオリゴ糖は短い構造をしているため、より短い時間で腸に届いて善玉菌のエサになります。

 

そのため、フラクトオリゴ糖で即効的に善玉菌にアプローチして、
イヌリンで加勢するという形をとるとより効率よく腸内環境を改善
する事ができます。

 

イヌリンとフラクトオリゴ糖の違いは、水溶性食物繊維としての側面を持つかどうかです。

 

イヌリンは水溶性食物繊維としても働く事で、メタボリックシンドロームや糖尿病予防により効果を発揮します。
一方で善玉菌にはフラクトオリゴ糖の方が早くアプローチするため、フラクトオリゴ糖とイヌリンを合わせて利用すると、相乗効果を期待できます。

 

 

フラクトオリゴ糖を使ったレシピ

 

フラクトオリゴ糖を含む食品には菊芋、ヤーコン、タマネギ、ネギ、ニンニク、ゴボウ、ライ麦、バナナなどがあります。
今回はその中から、菊芋とタマネギ、ゴボウを使い「五目きんぴら」を作ってみました。

 

ちなみに、菊芋とは・・・
芋の仲間ではなく、ゴボウと同じ菊科の野菜です。

 

 

「イヌリン」という水溶性食物繊維を多く含んでおり、腸に運ばれると、フラクトオリゴ糖になるので、便秘解消に大いに役立ちます。

 

洗って土を落とすと、生姜に似ていますね。

 

皮をむくとレンコンのような手触り。

 

用意する食材

具材

  • 菊芋 3〜4個 
  • タマネギ 半分 
  • 人参 小1個  
  • ゴボウ1本  
  • ニラ 半束

 

調味料

  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 酒  大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ゴマ油 適量
  • いりゴマ 大さじ1と半分

 

材料を切る

 

菊芋は輪切り、ゴボウ、人参を千切りに。
タマネギは薄切り、ニラはざく切りにする。

 

炒める

 

菊芋、ゴボウ、人参、タマネギを入れ炒める。

 

調味料をまぜる

 

醤油、みりん、酒、砂糖を混ぜておく。

 

調味料を入れ炒める

 

混ぜた調味料をかけて、炒める。

 

煮詰めてからニラを入れる

 

煮汁がなくなるまで煮詰めてから、ニラを入れサッと炒める。

 

いりごまを混ぜる

 

いりごまを振ってサッと混ぜる。

 

完成

 

菊芋は生で食べると、シャキシャキとしたレンコンのような歯ごたえでしたが、
火を通すとホクホクでお芋のような柔らかい食感になります。
食べやすい味付けでご飯のおかずにはもちろん、冷めても美味しいのでお弁当にもオススメです。

悩み別オリゴ糖ランキングはこちら

赤ちゃんの便秘解消
妊婦の便秘解消

血糖値とオリゴ糖
ダイエットとオリゴ糖

普通の人とオリゴ糖
安全性で選ぶオリゴ糖

関連ページ

オリゴ糖とは?
オリゴ糖とは何?って思っている方は、まずは、こちらからお読み下さい。
オリゴ糖が便秘を解消する理由&赤ちゃんや妊婦におすすめなワケ
オリゴ糖が便秘解消に効果をもたらすのには理由があります。また、赤ちゃんや妊婦さんなどにもオリゴ糖はオススメできます。ただし、オリゴ糖を選ぶときにちょっとしたコツが必要です。
積極的に摂ろう!オリゴ糖を含む食品【オリゴ糖を含む食品ランキング】
便秘解消に効果的とされているオリゴ糖を多く含んでいる食べ物を積極的に摂るようにしましょう。ランキングでご紹介します。
赤ちゃんにオリゴ糖を与えても大丈夫?オススメはどんなタイプ?
赤ちゃんの便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?またいつから与えられるのか?飲ませ方は?適量は?虫歯の心配はない?などの疑問にお答えします。
妊婦の便秘解消にオリゴ糖は危険?安全?おすすめタイプとは?
妊娠中の便秘解消にオリゴ糖は安全なのでしょうか?また、妊婦におすすめのオリゴ糖はどんなタイプになるのでしょうか?
オリゴ糖のアトピーへの効果※悪化した!完治した!どっちなの?
オリゴ糖でアトピーが治った!という人とオリゴ糖でアトピーが悪化した!という人がいます。同じアトピーなのに治った人がいる一方、悪化してしまった人がいるのはなぜでしょうか?
オリゴ糖とハチミツとメープルシロップを徹底比較!違いはココ!
オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも甘味料」として販売されています。そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。
ラフィノースオリゴ糖の効能※赤ちゃんや妊婦やアトピーにどう?
ラフィノースのオリゴ糖の効果について説明します。赤ちゃんや妊娠中に摂っても安全なのか?またアトピーへの効果はあるのか?
大豆オリゴ糖の効果
大豆オリゴ糖は他のオリゴ糖に比べ甘みが強く腸に吸収されやすいという特徴を持っています。また、大豆本来の性質を持ち合わせていますので、その効果も期待できることになります。
オリゴ糖の種類ごとにカロリーを比較してみました!
ダイエットにも効果的と言われているオリゴ糖。そのオリゴ糖のカロリーを種類ごとに比較してみました。中には、砂糖と同じカロリーのオリゴ糖もあるので要注意ですよ。
オリゴ糖は血糖値を下げる?上げる?血糖値への影響と糖質制限
オリゴ糖は血糖値への影響があるのでしょうか?GI値はどのぐらい?またオリゴ糖で糖質制限は可能なのでしょうか?
アガロオリゴ糖の驚くべき効果!自宅で簡単作り方マニュアル
アガロオリゴ糖のガン抑制効果が日本ガン学会で発表されています。又アガロオリゴ糖はその他様々の効果が期待されいます。
『オリゴ糖は効果なし』には理由があった!
オリゴ糖は摂っているんだけれど、効果がないのよね〜と悩んでいる方は、オリゴ糖の摂り方に誤りがあります。
イソマルトオリゴ糖の整腸作用(効果)と危険性
イソマルトオリゴ糖は消化性オリゴ糖のため便秘解消効果を求めて購入すると残念なことになります。また、成分表示をきちんと確認しないと摂りたくもない添加物や人工甘味料を摂ることになるので注意ひ必要です。

このページの先頭へ戻る